<< ムギワラトンボ イワウチワ >>

オトシブミ

b0316339_19400322.jpg
クヌギの葉っぱが半分に切れて、風に揺れていた。

近づいて、葉の裏を見ると小さな虫が、、ゾウムシ!?

調べてみると、オトシブミというそうです。

 オトシブミは木の葉を巻いて揺りかごを作るゾウムシだと、、

木の葉を巻いて作った揺りかごを「揺籃」といい、この揺籃に数個の卵を産み付けて、

卵から孵った幼虫は、この揺籃を食べて成虫になるまでこの中で暮らすとか。。


この揺籃、葉の巻物が昔のふみに似ていることから、コレを作る昆虫をオトシブミというそうです。

落とし文には、わざと落として相手に拾わせる恋文の意味もあるようです。

このオトシブミ、姿に似合わず、ロマンがありますね♪

興味が湧いてきました。^^

by nurikabe23 | 2014-05-10 02:14 | 昆 虫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nurikabe23.exblog.jp/tb/22583254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ムギワラトンボ イワウチワ >>