<< the rainbow トウカイコモウセンゴケ >>

イシモチソウ

b0316339_05581919.jpg


モウセンゴケ科の植物を、もう一例。

湿った荒れ地に生えるイシモチソウです。ベタベタが石を持ち上げられるとのこと。

モウセンゴケと同じく粘着の触手を持ち、虫を補食します。

白い花が咲く虫媒花でもあるのに、捕虫葉が立体的に立ち上がってる。

受粉を助けてくれる虫さんに対し、事故は起きないのでしょうかね?


(ちなみにモウセンゴケの花は、捕虫葉と離れた高いところで咲きます。)






b0316339_05582837.jpg
中央部、粘着球に虫が捉えられています。




b0316339_05583932.jpg
盛夏に休眠して、枯れてしまうそうで、短期間で小さくなってしまっていました。


* この花も午前花だそうです。白い花はぜひ撮したい面白い花!(知らなかった〜^^;;)

by nurikabe23 | 2015-06-23 08:03 | 山野草 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nurikabe23.exblog.jp/tb/24616194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2015-06-23 16:45 x
暑くなったので休眠に入ろうとしている時期のようですね。
枯れる前に見られてよかった!
この白い花は見たかったです。

Commented by nurikabe23 at 2015-06-24 05:30
>友さん
夏眠するので、茎の色が黄色っぽかったのですね。
この食虫花は初めて見ましたが、白い花は朝行けば見られたかも?
来年に期待ですね!!
う〜〜ん!? 私は忘れるかもしれないので、友さん覚えていて下さい。(^^;;
<< the rainbow トウカイコモウセンゴケ >>