<< リマ〜ナスカ インカの秘宝 >>

サンインシロカネソウ

b0316339_18053123.jpg

キンポウゲ科の山野草で、種が鯖の尾っぽのように見えるので、サバノオと名付けられています。

その中でも、山陰地方や岡山県北部にサバノオの仲間のサンインシロカネソウがあります。

花びらに見えるガク片の根元が赤色なので、ソコベニシロカネソウとも呼ばれています。

あれ〜〜、このサンインシロカネソウは全体が真っ白です。

ここの株はほとんどが白色、突然変異なんでしょかね〜!?

これはこれで、すっきりしていて美しいです。^^



by nurikabe23 | 2016-05-09 18:13 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nurikabe23.exblog.jp/tb/25776417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< リマ〜ナスカ インカの秘宝 >>